「ビザの申請」、「帰化申請」などお気軽にご相談ください。

ビザ申請・帰化申請|大阪上本町 可児行政書士事務所

法務の専門家である行政書士にお任せ下さい!

ご挨拶

はじめまして、可児行政書士事務所のホームページを訪問いただきありがとうございます。

 

可児行政書士事務所は、大阪市中央区上本町の行政書士事務所です。

 

ビザの申請・取得・変更・更新、永住許可、在留資格申請などの入管業務や帰化申請などの国際業務を中心にサポートさせていただいております。
ご依頼者に寄り添い、丁寧にかつ適切なごサポートをさせていただけるよう、誠心誠意努めてまいります。

 

行政書士には法律により守秘義務が課せられております、安心してご相談下さい。。

 

取扱業務

画像をクリックしていただくと関連するページにジャンプします。

 

在留ビザ

 

「こんなときは、どの在留資格が必要?」などの疑問は、お気軽にお問合せ下さい。

 

在留資格一覧はこちら→

 

帰化申請

 

国際結婚

 

ご依頼の流れ

1.お問合せ

電話やメール、お問合せフォームからお問合せ下さい。
些細なことでもお気軽にどうぞ。
       

2.ご回答

お問合せいただいた内容について回答させていただきます。
回答するにあたり質問させていただくこともありますが、
わかる範囲でお答え下さい。
       

3.面談/見積

ご依頼を検討いただける場合、更に細かくお話をお聞きさせていただくべく
面談をさせていただきますと共に見積をご提示します。
       

4.ご依頼の確定

報酬等の条件にご納得いただければ、ご依頼を確定することを申し付け下さい。
業務着手金をお支払いいただきまして、正式なご依頼とさせていただきます。
       

5.書類の収集・作成

事務所が取得できる書類は事務所の方で手配いたします。
お客様で準備、作成していただく必要がある書類はご協力をしていただきます。
       

6.署名・捺印

完成した書類に署名・捺印をしていただきます。
       

7.書類の提出

書類が全て整いましたら、お客様に代わり当事務所が提出いたします。
       

8.申請後の対応

申請により1年以上の審査期間が必要となることもあります。
追加の書類提出を求められる場合がありますので、
その際はご協力をお願いさせていただきます。

 

当事務所にお任せ下さい

ビザ申請は、ご自分で全ての手続をする事は可能ですが、提示されている書類のみを提出すればいいというものではなく、その他の立証資料を取りそろえることが重要となります。


又、申請の際、申請者本人の管轄の入国管理局への出頭が原則とされていますが(親族等一定の代理人による申請の場合は除く)、申請取次行政書士による申請の場合は、原則として申請者本人の出頭が免除されます。


貴重な時間と労力を節約するため、ぜひ当事務所をお役立て下さい。


 

行政書士とは?

行政書士とは、行政書士法という法律に基づいたく国家資格者です。

 

皆様から依頼を受け、報酬をいただいて、官公署に提出する許認可等の申請書類の作成、遺言書等の権利義務に関する書類の作成、事実証明に関する書類の作成、並びにこれらの相談業務を行います。行政書士は社会調和を図り、誠意をもって公正・誠実に職務を行うことを通じ、皆様と行政との絆として、皆様の生活向上と社会の繁栄進歩に貢献することを使命としております。

 

トップへ戻る