相続 遺言 帰化 大阪 上本町 行政書士事務所

遺産分割証明書とは

遺産分割証明書とは?

相続手続きについて色々と調べているときに、遺産分割協議書について書かれている記事はよく見られたことと思います。その遺産分割協議書とよく似たものに「遺産分割証明書」というものがあります。

 

ではこの遺産分割証明書が遺産分割協議書と何が違って、どのような場合にこれを用いた方がいいのかなどについて見ていきたいと思います。

 

遺産分割協議書の弱点

通常、遺産分割協議が整った場合、その内容を遺産分割協議書に記し、相続人全員の署名・捺印(実印)をします。これにより、その後の遺産分割手続きの窓口となる機関(法務局、金融機関など)に対し、相続人全員の合意があることを証明することができるのです。

 

遺産分割協議の場に相続人全員が揃って話し合いをし、全員の合意を取り付け、その場で全員の署名・捺印を済ますことができれば、遺産分割協議書の出来上がりとなりその後の遺産分割の手続きに進むことができます。

 

ところが実際には、一同に会した場で全員の署名・捺印を済ませられることは稀で、各相続人に郵送で回していくことになることが多いと思われます。

 

分割協議の取りまとめ役をAさんとすると、AさんがBさんに郵送し、それをAさんに返送してもらい、次のCさんに郵送し返送してもらう、ということを相続人全員に対して行うことになります。相続人が大人数になれば、中には手元に留めてしまいなかなか返送してくれない人がいたり、雑な扱いで汚損する人、紛失してしまうような人も出てくるかもしれません。そのような場合は最初の人から再度やり直しをすることになり、一向に前に進めることができなくなってしまいます。

 

このようなことが予想される場合に「遺産分割証明書」を利用します。

 

遺産分割証明書の強み

遺産分割協議書では、一通の書面に相続人全員の署名・捺印が必要でしたが、遺産分割証明書は、相続人ごとに書面を作成し、それぞれの書面にそれぞれが署名・捺印します。書類を持ち回るわけではないので、汚損するるリスクは低いですし、紛失したとしても最初の人からやり直す必要はなく、紛失した人の分だけ作り直せばいいということです。

 

分割協議の取りまとめ役のAさんが、BさんとCさんそれぞれに書類を送りそれぞれから返送してもらって終了というわけです。

 

遺産分割証明書は、相続人全員分が揃って初めて遺産分割協議書と同じ効力があります。ですから、実際に遺産分割の手続を進める際には、全ての相続人の遺産分割証明書が揃っている必要があり、相続人の一人が返送してくれない場合などは、やはり督促が必要となりますが、遺産分割協議書の方式と比べると遥かに効率よく完了すると思われます。

 

遺産分割協議書の例

 

遺産分割協議書

 

平成○○年○○月○○日、○○○○の死亡により、共同相続人A、B、Cは、その相続財産について次のとおり遺産分割協議を行った。

 

1.相続財産中、大阪府中央区○○町〇丁目〇の土地は、Aの所有とする。
2.相続財産中、奈良県○○郡○○町〇丁〇の土地は、Bの所有とする。
3.相続財産中、○○銀行○○支店 普通預金 口座番号〇〇の預金は、Cの所有とする。

 

以上のとおり、相続人全員による遺産分割協議が成立したので、本協議書を3通作成し、各自1通づつ所持する。

 

平成〇〇年〇〇月〇〇日

大阪府中央区〇〇町〇丁目〇 A 印

大阪府北区〇 〇町目〇   B 印

奈良県〇市○○ 〇丁目〇   C 印

 

遺産分割証明書の例

 

遺産分割証明書

 

平成○○年○○月○○日、○○○○の死亡により、共同相続人A、B、Cは、その相続財産について遺産分割協議を行った結果、以下の相続財産をAが取得したことを証明する。

 

1.相続財産中、大阪府中央区○○町〇丁目〇の土地は、Aの所有とする。

 

平成○○年○○月○○日

 

大阪府中央区〇〇町〇丁目〇 A 印

 

直前のページに戻る →

 

トップへ戻る