相続 銀行手続 大阪 上本町 行政書士事務所

銀行での相続手続きに必要な書類について

銀行での相続手続きに必要な書類について

口座名義人の死亡を知った場合、金融機関はその名義人の口座を凍結され入手金が停止となります。。相続手続において預貯金の引き出しなどが必要になると思いますが、ここでは、遺言書がある場合、ない場合などそれぞれのケースごとの必要書類について見ていきたいと思います。

 

尚、金融機関により必要となる書類が異なる場合がありますので、詳細はお取引されている金融機関にお問合せ下さい。

 

必要書類

遺言書がある場合

遺言書がある場合の相続手続には以下の書類が必要となります。

  1. 遺言書
  2. 検認調書または検認済証明書(公正証書遺言以外の場合)
  3. 被相続人の戸籍謄本または戸籍全部事項証明書(死亡が確認できるもの)
  4. 相続人(もしくは遺言執行者)の印鑑証明書
  5. 遺言執行者の選任審判書謄本(裁判所で遺言執行者が選任されている場合)

 

遺言書がなく、遺産分割協議書がある場合

遺言書がなく、遺産分割協議書がある場合の相続手続には以下の書類が必要となります。

  1. 遺産分割協議書
  2. 被相続人の除籍謄本、戸籍謄本または戸籍全部事項証明書(出生から死亡までの連続したもの)
  3. 相続人全員の戸籍謄本または戸籍全部事項証明書
  4. 相続人全員の印鑑証明書

 

遺言書がなく、遺産分割協議書がない場合

遺言書、遺産分割協議書ともない場合の相続手続には以下の書類が必要となります。

  1. 被相続人の除籍謄本、戸籍謄本または戸籍全部事項証明書(出生から死亡までの連続したもの)
  2. 相続人全員の戸籍謄本または戸籍全部事項証明書
  3. 相続人全員の印鑑証明書

 

家庭裁判所による調停調書・審判書がある場合

家庭裁判所による調停調書・審判書がある場合の相続手続には以下の書類が必要となります。

  1. 家庭裁判所の調停調書謄本または審判所謄本
  2. 相続人の印鑑証明

 

直前のページに戻る →

 

トップへ戻る