限定承認 相続 相続 遺言 帰化申請 大阪 上本町 行政書士事務所

限定承認について詳しく|大阪 可児行政書士事務所

限定承認について詳しく

限定承認の申立先

限定承認の申立は、被相続人(亡くなった方)の最後の住所地を管轄する家庭裁判所に行います。

 

限定承認にかかる費用

相続放棄には以下の費用がかかります。
1.収入印紙代 : 800円
2.連絡用の郵便切手代 : 82円×5枚、10円×5枚 ※大阪家庭裁判所の場合(裁判所により金額が異なります)

 

限定承認に必要な書類

<共通>
1.限定承認申述書
2.被相続人の住民票又は戸籍附票
3.申し立てる人の戸籍謄本

 

<申述人が,被相続人の(配偶者と)父母・祖父母等(直系尊属)(第二順位相続人)の場合>
4.被相続人の直系尊属に死亡している方(相続人と同じ代及び下の代の直系尊属に限る(例:相続人祖母の場合,父母と祖父))がいらっしゃる場合,その直系尊属の死亡の記載のある戸籍(除籍,改製原戸籍)謄本

 

<申述人が,被相続人の配偶者のみの場合,又は被相続人の(配偶者と)兄弟姉妹及びその代襲者(おいめい)(第三順位相続人)の場合>
5. 被相続人の父母の出生時から死亡時までのすべての戸籍(除籍,改製原戸籍)謄本
6. 被相続人の直系尊属の死亡の記載のある戸籍(除籍,改製原戸籍)謄本
7. 被相続人の兄弟姉妹で死亡している方がいらっしゃる場合,その兄弟姉妹の出生時から死亡時までのすべての戸籍(除籍,改製原戸籍)謄本
8. 代襲者としてのおいめいで死亡している方がいらっしゃる場合,そのおい又はめいの死亡の記載のある戸籍(除籍,改製原戸籍)謄本

 

その他

限定承認は、自己のために相続の開始があったことを知ったときから3か月以内にしなければならないと定められています。自己のために相続の開始があったことを知ったときから3か月以内に相続財産の状況を調査してもなお,相続を承認するか放棄するかを判断する資料が得られない場合には,相続の承認又は放棄の期間の伸長を申立てることより,家庭裁判所にその期間を伸ばしてもらうことができます。

 

限定承認は相続人全員が共同して行う必要があります。(全員で協議して、全員で限定承認する必要があります。)

 

直前のページに戻る →

 

トップへ戻る