相続手続の流れ 大阪 上本町 行政書士事務所

相続手続の流れについて|大阪 可児行政書士事務所

相続手続の流れ

1.遺産相続の開始

2.遺言書の有無の確認

終活の一環として遺言書を残される方が増えています。ご自宅に見つからない場合、銀行の貸金庫も探してみて下さい。遺言書が見つかった場合は、家庭裁判所で検認を受けることが必要となります。又、公正証書遺言の場合は、公証役場で検索することができます。

検認について →

3.相続人の調査および確定

法律によって相続人になれる人は定められています。亡くなられた方の戸籍をさかのぼって調査することが必要となります。

4.財産の調査(預金・不動産・株など)

プラスの財産のみに目が行きがちですが、マイナスの財産も相続の対象になることに注意が必要です。亡くなられた方が自営業をされていた場合、思わぬ借金があることも。

5.相続方法の決定

相続には、@単純承認 A限定承認 B相続放棄があり、どの相続をするか決める必要があります。

6.遺産分割協議書の作成

遺言書がない場合、相続人の間で「誰が」、「何を」、「どれだけ」相続するのかを決める必要があります。この結果により「遺産分割協議書」を作成します。

7.遺産の名義変更の手続

「遺産分割協議書」の内容に沿って不動産、車などの名義変更手続きを行います。

8.遺産相続手続の完了

 

直前のページに戻る →

 

 

トップへ戻る