資格外活動許可申請は大阪 可児行政書士へお任せ下さい

資格外活動許可申請|大阪 可児行政書士事務所

資格外活動許可申請

 

在留資格は大まかに日本国内で行うことできる活動が定められた活動類型資格と特定の地位を定めた地位等類型資格の二つに分けられますが、活動類型資格では、“行うことができる活動以外の活動”であり、かつ、“収入を得るための事業を行うことや報酬を受ける活動”はすることができません。(一部の例外は除く。)

 

ただし、あらかじめ資格外活動許可を得た場合は、本来の活動に影響がない範囲で、資格外の活動をすることができます。

 

ここで注意すべきは、行いたい活動が単純労働であれば、資格外活動許可はされません。その例外として、「留学」、「文化活動」、「家族滞在」、一部の「特定活動」の在留資格を有する人であれば、一定の制限を満たす限り、単純労働であっても、包括的に許可されます。

 

申請してから許可が下りるまでの標準処理期間は、2週間から1カ月とされています。

 

資格外活動許可を受けなくてもできる活動

  1. 業として行うものではない次の活動に対する謝金、賞金その他の報酬
    • 講演、講義、討論その他これらに類似する活動
    • 助言、鑑定その他これらに類似する活動
    • 小説、論文、絵画、写真、プログラムその他の著作物の制作
    • 催物への参加、映画又は放送番組への出演その他これらに類似する活動
  2. 親族、友人又は知人の依頼を受けてその者の日常の家事に従事することに対する謝金その他の報酬
  3. 留学の在留資格をもって在留する者で大学又は高等専門学校(第4学年、第5学年及び専攻科に限る。)において教育を受けるものが当該大学又は高等専門学校との契約に基づいて行う教育又は研究を補助する活動に対する報酬

 

資格外活動許可の要件

  • 本来の在留目的の活動の遂行を妨げない範囲内であること
  • 法務大臣が相当と認めるとき(相当性)

 

資格外活動許可のQ&A

Q:「技術・人文知識・国際業務」の在留資格で在留していますが、夜間大学に通って勉強するには、資格外活動許可を取得しないといけないですか?
夜間大学での勉強は、報酬を受ける活動には当たりませんので、許可を得る必要はないです。

 

Q:「技術・人文知識・国際業務」の在留資格で在留していますが、資格外活動許可を取得したら喫茶店でウェイトレスのアルバイトができますか?
喫茶店でのウェイトレスの仕事は単純労働とされていますので、原則として、資格外活動の許可は受けられません。

 

Q:「留学」の在留資格で在留していますが、ファーストフード店でアルバイトすることはできますか?
資格外活動許可を受ければ、週28時間以内に限り、アルバイトはできます。

 

 

当事務所でお手伝いできること

  • 日本の役所で取得する書類を代理で申請・取得します。
  • 日本国内の外国大使館・領事館で取得する書類を代理で申請・取得します。(代理申請が可能な場合に限ります。)
  • 申請書類、その他の書類を作成します。
  • お客様に代わって、入国管理局へ書類を提出します。

 

 

 

トップへ戻る