「ビザの申請」、「帰化申請」などお気軽にご相談ください。

国際結婚 結婚ビザ|大阪 可児行政書士事務所

国際結婚

国際結婚すれば、外国人の夫や妻を簡単に日本に呼ぶことができると思われている方は少なくありません。

 

実際には国際結婚をしてもパートナーと一緒に日本で生活するためには、他の在留資格と同様に申請をし許可を受けないと相手の方と日本で暮らすことはできません。

 

その時必要となるのは、「日本人の配偶者等」の在留資格(通称、結婚ビザ)ですが、近年入国管理局は、結婚を利用して不正な目的で入国しようとする外国人を排除するため結婚ビザの審査を強化しております。

 

申請のために用意しなければならない書類、作成しなければならない書類が非常に多く、申請後も追加の書類を求められることもあります。一日も早く相手の方との生活をスタートするため、結婚ビザの取得は、専門家にご依頼下さい。

 

 

日本国内にいる外国人と結婚する場合

既に在留資格を持ち日本に在留する外国人と結婚するときは、日本国内で婚姻し、婚姻を理由に元の在留資格から「日本人の配偶者等」の在留資格への変更手続を行います。

 

就労系の在留資格では、行うことができる就労に制限がありますが、「日本人の配偶者等」の在留資格を取得すれば就労活動に制限が無くなりますので、より自由に在留することができるようになります。

 

外国にいるパートナーを日本に呼び日本国内で結婚する場合

外国にいるパートナーを日本に呼び寄せ、日本国内で結婚するには、まず「短期滞在」の在留資格を取得し入国します。その後、日本国内で婚姻し、婚姻を理由に「短期滞在」から「日本人の配偶者等」の在留資格に変更します。

 

ただし、近年「短期滞在」から「日本人の配偶者等」の在留資格への変更申請に対し、入国管理局は厳しく審査するという傾向にあるため、滞在が許された期間中に変更を許されないというリスクがあるため注意が必要です。

 

仮に変更が不許可となった場合は、一旦出国し、改めて「日本人の配偶者等」の在留資格を申請するという流れになります。

 

外国で結婚する場合

日本人が現地に行って正式に結婚し、日本人だけが先に帰国し、婚姻届けを提出します。その後にパートナーを日本に呼び寄せるべく「日本人の配偶者等」の在留資格を申請します。

 

国際結婚に必要な書類

申請時に必要となる書類

  • 婚姻届
  • 日本人の身分証明書(免許証、パスポートなど)
  • 日本人の戸籍謄本
  • 外国人の結婚要件具備証明書(訳文)
  • 外国人のパスポート

 

結婚要件具備証明書とは?

『結婚要件具備証明書』とは、外国籍のパートナーの国が発行する書類で、本国の法律上、結婚することに問題がないことを証明する書類です。

 

『結婚要件具備証明書』は、外国籍パートナーの在日大使館または領事館で発行してもらうことができます。発行のために必要な書類、発行のために要する期間は国によって異なっていますので、事前に問い合わせをしてみて下さい。

 

国によっては、『結婚要件具備証明書』は発行されないケースがあり、その場合は代わりとなる書類(宣誓書など)を提出することになります。

国際結婚の手続の流れ

1.結婚要件具備証明書」を入手する

外国人のパートナーの「結婚要件具備証明書」(又はそれに代わる書類)を入手します。
       

2.必要書類を役所に届け出る

婚姻届けやその他必要書類を市区町村役場の戸籍窓口に提出します。
事前にパートナーの国籍を窓口に伝えて、どんな書類が必要か確認しておけば確実です。
       

3.結婚届受理証明書を受け取る

婚姻書類が受理されたら「結婚届受理証明書」の発行をしてもらいます。
これは、二人が夫婦であることを法的に証明する書類です。
       

4.結婚届受理証明書を在日大使館(または領事館)へ届け出る

届け出るときに必要な書類は国によって違うので、前もって確認しておいて下さい。
       

5.結婚届受理証明書を受け取る

パートナーの国が発行する「結婚届受理証明書」の発行をしてもらいます。
これは、ビザを取得する際に必要となります。

 

 

当事務所でお手伝いできること

  • 日本の役所で取得する書類を代理で申請・取得します。
  • 日本国内の外国大使館・領事館で取得する書類を代理で申請・取得します。(代理申請が可能な場合に限ります。)
  • 申請書類、その他の書類を作成します。
  • お客様に代わって、入国管理局へ書類を提出します。

 

トップへ戻る