「ビザの申請」、「帰化申請」などお気軽にご相談ください。

家族ビザ「永住者の配偶者等」|大阪 可児行政書士事務所

「永住者の配偶者等」の在留資格 Spouse/Child of Permanent Resident

 

「永住者の配偶者等」は、永住者の在留資格をもって在留する者、特別永住者の配偶者又は子として日本で出生しその後引き続き日本に在留している者を受け入れるために設けられた在留資格です。

 

 

該当範囲

永住者等の配偶者又は永住者等の子をして本邦で出生しその後引き続き本邦に在留している者

 

具体的には、次の1から3の身分を有する者が該当します。

  1. 永住者等の配偶者の身分を有する者
  2.  現に婚姻関係中の者をいい、相手方が死亡した者、離婚した者は含まれません。又、内縁の者及び外国で有効に成立した同性婚も含まれません。
     法律上の婚姻関係が成立している場合でも、婚姻の実態を伴っていない場合は、在留資格該当性は認められません。

  3. 永住者等の子として日本で出生し、出生後引き続き日本に在留する者
  4.  出生したときに父母のいずれか一方が永住者の在留資格をもって在留していた場合
     本人の出生後に、親が在留資格を失った場合も、本人の資格該当性には影響ありません。

  5. 特別永住者の子として日本で出生し、出生後引き続き日本に在留する者
  6.  通常、特別永住者許可申請を行い、特別永住者となりうる者が、所定の期間内(出生後60日)に申請ができない者に対し「永住者の配偶者等」の在留資格が付与されます。

 

申請時に必要となる書類

  • 在留資格認定証明書交付申請書
  • 配偶者(永住者)及び申請人の国籍国の機関が発行した結婚証明書
  • 配偶者(永住者)の住民税の課税証明書及び納税証明書
  • 配偶者(永住者)の身元保証書
  • 配偶者(永住者)の在留カード
  • 質問書
  • スナップ写真
  • 身元保証人の印鑑
  • 申請者(外国人)の顔写真
  • 返信用封筒

 

当事務所でお手伝いできること

  • 日本の役所で取得する書類を代理で申請・取得します。
  • 日本国内の外国大使館・領事館で取得する書類を代理で申請・取得します。(代理申請が可能な場合に限ります。)
  • 申請書類、その他の書類を作成します。
  • お客様に代わって、入国管理局へ書類を提出します。

 

 

トップへ戻る