「ビザの申請」、「帰化申請」などお気軽にご相談ください。

家族ビザ「家族滞在」|大阪 可児行政書士事務所

「家族滞在」の在留資格 Dependent

「家族滞在」の在留資格は、一定の在留資格をもって日本に在留する外国人の扶養家族を受け入れるために設けられたものです。

 

「家族滞在」の在留資格をもって在留する外国人は、その扶養者(配偶者又は親)が日本に在留する期間に限って、在留することができます。

 

又、この在留資格では、就労活動を行うことはできません。(資格外活動許可を受ければ、一定程度の就労活動ができるようになります。)

 

 

該当範囲

「外交」「公用」「技能実習」「短期滞在」「研修」「家族滞在」及び「特定活動」以外の在留資格をもって在留する者又は「留学」の在留資格をもって在留する者の扶養を受ける配偶者又は子として行う日常的な活動

 

基準

申請人を扶養する方が以下の在留資格を受けていること。

  1. 就労可能な在留資格(外交、公用、技能実習を除く)
  2. 「文化活動」の在留資格
  3. 「留学」の在留資格

 

申請時に必要となる書類

  • 在留資格認定証明書交付申請書
  • 申請人と扶養者との身分関係を証する文書(戸籍謄本、結婚届受理証明書、結婚証明書、出生証明書など)
  • 扶養者の在留カード
  • 扶養者の職業及び収入を証する文書(在職証明書、住民税の課税証明書及び納税証明書など)
  • 申請人の顔写真(4cm×3cm)
  • 返信用封筒(392円分の切手貼付)

 

当事務所でお手伝いできること

  • 日本の役所で取得する書類を代理で申請・取得します。
  • 日本国内の外国大使館・領事館で取得する書類を代理で申請・取得します。(代理申請が可能な場合に限ります。)
  • 申請書類、その他の書類を作成します。
  • お客様に代わって、入国管理局へ書類を提出します。

 

 

トップへ戻る