「ビザの申請」、「帰化申請」などお気軽にご相談ください。

身元保証について

身元保証について

身元保証人の責任範囲

ビザ申請においての「身元保証人」とは,ビザ申請人である外国人の日本における滞在が適法に行われることを在外公館長(日本国大使・総領事等)に対し保証する方です。

 

身元保証人の責任については,民法上の「保証人」のように法的責任を伴うわけではなく、道義的責任に留まりますので、例えば、外国人が日本国内での借金を返済しない場合に身元保証人がその外国人に代わって返済をしなければならないというようなことにはなりません。

 

道義的責任に留まるということは、保証事項(滞在費,帰国旅費,法令の遵守)が履行されない場合には,それ以降のビザ申請において身元保証人となった場合に信頼性を失うことになります。

 

身元保証人であれ招へい人であれ,ビザ申請人との関係や渡航目的を偽った書類を作成し,結果的にテロリストの入国や人身取引等の犯罪に荷担することとなった場合には,別途刑事責任を問われる場合もありますのでご注意ください。

 

トップへ戻る