帰化申請の流れ 大阪 上本町 行政書士事務所

帰化申請の流れ|大阪 可児行政書事務所

帰化申請の流れ

1.お問合せ

電話やメール、お問合せフォームからお問合せ下さい。
些細なことでもお気軽にどうぞ。

2.面談/見積

ご依頼を検討いただける場合、更に細かくお話をお聞きさせていただくべく面談をさせていただきますと共に費用の説明をさせていただきます。

3.ご依頼の確定

報酬等の条件にご納得いただければ、ご依頼を確定することを申し付け下さい。
業務着手金をお支払いいただきまして、正式なご依頼とさせていただきます。

4.書類の収集・作成

事務所が取得できる書類は事務所の方で手配いたします。
お客様で準備、作成していただく必要がある書類はご協力をしていただきます。

5.申請書類のご確認

用意した申請書類一式をご確認いただきます。

6.法務局で申請

お客様に法務局まで出向いていただき、申請の受付と行います。(申請には申請者本人が出向く必要があります。)

7.面接の連絡.

2〜3カ月後に、法務局から面接日時調整の連絡があります。

8.面接

法務局に出向いていただき、面接を受けていただきます。

9.審査

審査には通常6カ月から1年程度かかります。

10.許可

法務局担当官から電話があります。

 

当事務所でお手伝いできること

  • お客様に代わって、法務局へ必要書類の確認、相談などを行います。
  • 日本の役所で取得する書類を代理で申請・取得します。
  • 日本国内の外国大使館・領事館で取得する書類を代理で申請・取得します。(代理申請が可能な場合に限ります。)
  • 申請書類、その他の書類を作成します。

 

ご依頼いただいた場合の料金について

帰化申請をご依頼いただいた場合の料金は以下のとおりでございます。

会社員 100,000円〜
事業主・会社役員 150,000円〜
家族同時申請 一人当たり50,000円
子供(15歳未満) 無料

 

<注記>

  • 実費(法定費用,、申請手数料等、翻訳料、交通費、宿泊等)につきまして別途請求させていただきます。
  • 料金は特段の表記がない場合は標準的な金額を参考価格として表示しています。
  • 受任時に着手金として報酬の50%を請求させていただきます。
  • 表示金額は消費税及び地方消費税を含みません。
  • 弁護士法、司法書士法、税理士法などの規定によりこれら他士業資格者が行うべき業務は、提携先の有資格者に適切に依頼いたします。

 

 

 

こんな記事も読まれています。

トップへ戻る