「ビザの申請」、「帰化申請」などお気軽にご相談ください。

法人税の納税証明書|大阪 可児行政書士事務所

法人税の納税証明書について

「法人税の納税証明書」は、税務署で発行されます。

 

納税証明書には、次の種類がありますが、帰化申請で必要なものは、「その1」、「その2」の2種類となります。

 

概要
納税証明書(その1) 納付すべき税額、納付した税額及び未納税額等の証明
納税証明書(その2) 所得金額の証明(個人は申告所得税又は申告所得税及復興特別所得税に係る所得金額、法人は法人税に係る所得金額です。)
納税証明書(その3) 未納の税額がないことの証明(税目を指定した「その3の2」(申告所得税及復興特別所得税と消費税及地方消費税)や「その3の3」(法人税と消費税及地方消費税)の証明もあります。)
納税証明書(その4) 証明を受けようとする期間に、滞納処分を受けたことがないことの証明

 

請求方法
納税証明書の請求方法には、現在の住所地を所轄する税務署対して、オンラインもしくは納税証明書交付申請書のいずれかの方法で申請します。

トップへ戻る